Pocket
LINEで送る

我が国のGDPの7割を占めるサービス産業。生産性の向上が喫緊の課題であると経済産業省は、「サービス産業チャレンジプログラム」(日本経済生産性本部決定)等の課題解決を図る活動を展開しています。
こういった背景を踏まえ、経済産業省は「小売業の生産性向上に関するモデル事業の創出と展開」の実施業務を野村総合研究所に託し、「小売業者」と「異業種(製造業)コンサルタント」のマッチングによる生産性向上成果報告事例が集まりました。
今回、野村総合研究所からこの貴重な報告事例紹介が「東京販売士協会・経済産業省 共同開催特別セミナー」として実現しました。「異業種(製造業)コンサルタント」による小売業者の課題解決方法がどのようなかたちで実現しているのかが伺えます。この機会に是非ご参加ください。