Pocket
LINEで送る

東京販売士協会常任理事 大場 寛

2012年2月22日「二子玉川ライズショッピングセンター見学会」を開催し26名の方に参加頂きました。
田園都市線二子玉川駅改札を出ると東口に中核となる大きなギャラリアが広がる。
11時にタウンフロント正面案内所に集合し東急電鉄会議室で東京急行電鉄株式会社二宮道彦様より二子玉川ライズの開発について次の内容でご説明いただきました。
①全体開発概要 ②ショッピングセンター概要 ③タウンマネジメント概要 ④今後の取組み

二子玉川ライズショッピングセンター見学会写真1

第二期工事部を眼前に住宅棟を望む

二子玉川ライズショッピングセンター見学会写真2

開発概要説明会の様子

① 全体開発概要
二子玉川は東急田園都市線と大井町線の結節点で渋谷まで9分、都心へも直接乗入でき、国道246号線も控え交通の要衝と共に多摩川を控えた自然環境にも恵まれたところです。
全体で11.2haの開発は六本木ヒルズよりも大きく民間開発としては都内最大のものです。
昔は多摩川を控え旅館、料亭、船宿などのある街でしたが、1972年高島屋が日本初のショッピングセンターを西部に開業したところから発展が始まりました。1982年この東地区の開発もスタートし、2005年「二子玉川東地区市街地再開発組合」が設立され2011年3月19日ショッピングセンター(SC)を中心とした第一期開業に至りました。

② ショッピングセンター概要
西のドッグウッドプラザから鉄道をくぐりライズSC鉄道街区、タウンフロント、リバーフロントオークモール、バーズモールと複数棟の大規模商業施設が続きます。
建設を開始したばかりの第二期工事エリアを越えた先に42階建て1棟、26階建て2棟の1033戸にも及ぶ高層マンションがあります。
「水と緑と光」の豊かな自然環境と調和した街づくりをテーマにしていて。中心のガレリアは幅20m、高さ35m、長さ100mとミラノのガレリアより大きなものですが、多摩川をイメージした小石、葦、川の流れをイメージする照明などが演出されています。
ショッピングセンターは売場面積32000m²、157店舗。その中でB1食料品は5900m²に及び東急百貨店フードショ-(89店)と東急ストアが隣接するグル-プ初の展開となっています。「”自分との対話”で自己実現出来るステージ。」を商業コンセプトとして、家族、社会、自然、すべてにつながり貢献できることをうたっています。駅を出た直ぐ脇の小路にはオークモール、バーズモールがあります。これは地元地権者との共同ゾーンで駅利用客の利便性を図るサービスや飲食などが導入されています。
5km商圏は112万人(広島市に相当)が住み、自由が丘、田園調布、武蔵小杉、溝の口、成城学園などの有力地域を含み、世帯年収も高い一方20~30歳代の人口比率も高い大変恵まれたマーケットといえます。
実際の来街者も世田谷区が56%、川崎市、横浜市からが26%。その来街頻度は地元客中心に週3回が46%と日常使いが浸透されています。全体20~50歳代のバランス良い来街の中でライズSCは特に20~30歳代に強いのに対し高島屋は40~50歳代と棲み分けができています。
タウンフロントはフロアごとにシーン、テイストで展開されていますが、婦人に紳士、子供のMDを連携させ一緒に買物する楽しさを実現しています。
レストランも ①ハレの食事の高島屋に対し日常使い中心 ②オフィスワーカーが利用しやすい1000円ランチに注力 ③街らしさを出すオーガニックランチなども展開しています。 リバーフロントは別館の不利をカバーし大型店や有名店を配置しています。

③ タウンマネジメントの概要
タウンマネジメントを組織し、複数の街区と複数の事業者で一つの街としてその価値、競争力を高めています。ホームページ、サイネージによる全体広告、ガレリアでのイベントに加え舗道、植栽管理などが取り組まれています。

④ 今後の取組み
2期工事がスタートしていて、ここには63000m²、6000から7000名の従業員を擁するオフィスにホテル、フィットネス、沿線随一の10スクリーンのシネコン、スタジオといった都市機能を充実させて2015年中に開業予定です。
また同時期オープンを目指し世田谷区が6.3ha、東京ドームの1.3倍規模の公園を一番奥のエリアに造ります。
ライズSCは東日本大震災の為3月17日の開店予定だったものを二日遅らせ19日開業しました。私は開店直後に来街したが、開店チラシ配布も中止したそうで来店顧客も少なく、節電で照明も暗く、また海外ブランド店はスタッフを引き上げ閉鎖しているような厳しい状況でした。
東急電鉄では2010年田園都市線たまプラ-ザ駅のたまプラーザテラス、2011年この二子玉川駅の二子玉川ライズSCそして今年2012年の渋谷駅前「ヒカリエへ」と続くグループを上げた大規模開発が続きます。2015年二子玉川ライズの全面完成に大いに期待したいと思います。

二子玉川ライズショッピングセンター見学会写真3
二子玉川ライズショッピングセンター見学会写真4

図左から公園、住宅街区、二期工事部、商業・業務街区(駅を挟みライズショッピングセンターとドッグウッドプラザ)資料 東京急行電鉄株式会社提供